地味になりすぎないセレモニースーツの着こなし術

   

お子さんの入卒やブライダル等の晴れの日における装いは、華やかさと落ち着いたエレガントなテイストのスーツが定番ファッションと考えます。セレモニースタイルはイメージすると、日頃は縁遠くちょっと堅苦しい雰囲気を想像しますが、素材やカラー、デザインによってはデイリーユースとして着こなすことが可能です。また、ファッション小物雑貨やオシャレなバッグ等と組合せるとカジュアル感が増し、柔らかな優しい雰囲気を醸し出せます。
デザインは、ワンピースやツーピースが選べ、普段のちょっとしたお出かけにはジャケットをはおり、デニムパンツとコーディネートするとセンスの良い着こなしが際立ちます。このように晴れの日ファッションに限定することなく手持ちのカジュアルアイテムと組み合わせると、おしゃれの汎用性が高まります。

セレモニースーツのお洒落な着こなし提案

年間通じて、セレモニースーツの品格ある雰囲気を醸し出す素材は、ツイード系の素材です。夏にもサマーツイードがあり、女性らしさと華やかな装いを実現できます。カラーは明るめのピンク系からベージュ系が華麗さを引き立て、黒や紺系はシャープでエレガンスな女性を表現します。素材だけでも存在感がありますが、更にファッション度を高めるテクニックとして、ファッション小物の活用が大切です。
コーディネートには、胸元にコサージュや真珠ネックレスを身に付けることによって優しさが加わり、女性らしさがアップします。また、おしゃれポイントとしてはシューズです。歩きやすいローヒールタイプから晴れの日は、ハイヒールがおすすめです。立ち姿も美しくスーツが映えます。ハイヒールを履くことにより背筋が伸び、姿勢が綺麗になるでしょう。

単品アイテムを幅広く着こなす術

普段のお出かけやワークスタイルにも幅広く着まわしたいと考え選んだセレモニースーツなのですがその後、一度も活躍すること無くクローゼットに保管されている場合があります。このようにならない為には、購入する際、ジャケットやスカート、ワンピース等の単品をどの様に着まわすのかイメージし決定する事がポイントです。
例えば、ジャケットですがノーカラータイプを選択します。理由は、テーラードより晴れの日から通勤スタイルまで着まわしが利くデザインであり、特に、デニムパンツとの相性が良く汎用性の高いアイテムです。
次に、おすすめアイテムは、プリーツのワンピースです。ジャケットと組合せるとセレモニーに対応、そして薄手のカーディガンと組み合わせるとお洒落なファッション感度の高いワークスタイルに変身します。このようにセレモニー単品は組みあわせるアイテムによっては、幅広いシーンに対応してくれます。

ピックアップ記事

スカートタイプのセレモニースーツ

セレモニースーツは、子供のお宮参り、七五三、入園、入学、卒園、卒業などのイベントだけでなく、パーティーやお祝いなどにも相応しい装いです。最近はカラーも豊富でおしゃれなデザインも多く出ているので、それぞ...

パンツタイプのセレモニースーツ

女性のセレモニースーツといえば、やはりワンピースなどスカートがメインになりがちですが、もちろんパンツスーツもあります。こちらはスタイリッシュといった雰囲気になるかと思います。仕事用のスーツとしても着回...

地味になりすぎないセレモニースーツの着こなし術

お子さんの入卒やブライダル等の晴れの日における装いは、華やかさと落ち着いたエレガントなテイストのスーツが定番ファッションと考えます。セレモニースタイルはイメージすると、日頃は縁遠くちょっと堅苦しい雰囲...